勘の良いあなたならこのビッグチャンスが分かるはずです。

2005年07月22日

【書評】死神の精度

好きでもないことを必死にやる。仕事とはそういうものだ。

死神で、しかも精度。
伊坂幸太郎にして、タイトルだけ見るとものすごく陳腐でおカタイ感じのするこの違和感。
でも読み進めて見るともう気持ちよくて仕方ない。
電車でも、食事中でも、翌日の寝不足を覚悟したベッドの上でも、とにかく時間ができたら続きを読み進めてしまいました。

4163239804死神の精度
伊坂 幸太郎

文藝春秋 2005-06-28
売り上げランキング : 133
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

基本的にはとある死神とその他大勢を描いた連作短編集。
この死神という「職業」(といっていいんじゃないかな、本作の場合)は、いわゆる自然死にはまったく関係がなく、事故や事件といった場合で人が死ぬ際に、その7日前から現れてその人が死ぬべきかどうか判断する、という変わった役職。
直接死をもたらすわけではなく、ただ淡々と「可」または「見送り」の判断を行い、対象者が死に行くのを見守るのが役目です。

続きを読む
posted by MARS at 16:03 | Comment(5) | TrackBack(12) |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。