勘の良いあなたならこのビッグチャンスが分かるはずです。

2006年02月25日

温泉行ってきます

なのに今トリノのフィギュア・エキシビジョンを見てるわけです。
明日の集合は10時。集合場所は車の都合で家から1時間以上かかるところ。

ハイ、絶対無理です。
大学時代からの親友の皆様。僕の時間へのルーズさはご存知だと思います。
遅れても許してね。楽しい旅行にしましょう。

続きを読む
posted by MARS at 03:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ざれごと

2006年02月24日

荒川がんばっちゃった2

朝起きたら金メダル獲得とかでテレビやらなんやら大騒ぎしてました。
はい、寝てましたよ?

文句あるか。

続きを読む
posted by MARS at 08:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | ざれごと

2006年02月22日

荒川がんばっちゃった

みたいですね。
寝ててから見てないですけど。
会社行って帰って見直しますよ。

続きを読む
posted by MARS at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | ざれごと

女子フィギュアメダル予想

そろそろ女子フィギュア始まりますね。
というか、明日も会社なのにこんな時間に何やってるんでしょうね、俺?

ということで、女子フィギュアスケートのメダル予想でもやってみようかと思います。

続きを読む
posted by MARS at 02:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ざれごと

[書評]容疑者Xの献身

ひさびさの書評。
が、『駄目社会人の本棚』と同内容だったりする。
別に原稿料もらえるわけでもないし、使いまわしてもいいよね。
というか、せっかく長い文章書いたのがもったいないというのが本音なわけですけど(笑)
こっちにしかいらっしゃらない方にもサービスを、と言い訳しておいて本題。

これは間違いなくある愛の形である。
たが決して純愛と呼べる類の何かではない。


今回は2005年版「このミステリーがすごい!」第一位を獲得し、先日発表された第134回直木賞授賞作である本書をとりあげたい。

容疑者Xの献身容疑者Xの献身
東野 圭吾

文藝春秋 2005-08-25
売り上げランキング : 262
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最初に断っておきたいのだが、私は東野圭吾という作家の著作がなんとなく苦手だ。
本作も上記「このミス」での好評価がなければ、読まずにいたことは恐らく間違いない。

それでも、他の作品に圧倒的な差をつけたこの作品。
興味がないわけはない。

続きを読む
posted by MARS at 02:16 | Comment(1) | TrackBack(1) |

2006年02月21日

ガルウィング

【空飛ぶ車】ってのはSF永遠の夢だと思うわけです。
で、ホントに作っちゃおうとしてる奴がいるぞ、という話。

MITの学生が「空飛ぶ自動車」開発に挑戦へ

続きを読む
posted by MARS at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年02月20日

トリノ他

なんか全然知らないうちに五輪が開幕してて気付くとかなりの日程が消化してました。
まあ全然気付かなかったというのは嘘ですが、それほど注目してなかったのは事実。
結構テレビでは見てますが、アメリカのティッター(女子ハーフパイプ金)上手ぇ!とかスノーボードクロス面白っ!とかで。

まあなんという非国民っぷりでしょ。一番注目なのが女子カーリングでどんどん調子をあげ、ミラクルショットを連発(ミラクルってえらい安い単語になったもんですね)するスキップ・小野寺歩選手というあたり、期待の薄さを感じさせます。
まあもともと戦前予想からメダル0と読んでいたのでいたしかたないところでしょうか?
女子フィギュア?最強が参加しない大会は勝ちを期待してもねぇ。
あ、体制批判とかでなく、代表権利がある選手が権利取りレース中にもっと意地を見せて欲しかったなという意味で。

当たり前ですが、冬季スポーツにはその開催条件上、夏季に行われるスポーツより金銭的な負担が大きいわけです。
その上一部で叩かれているように、帯同する関係者とやらが予算を食いつぶしているんだから目も当てられない。
ホントに世代交代の失敗を憂いているなら少しでも若い選手を現場につれていって雰囲気を体感させるべきなんですがねぇ。
先のミラクル同様、関係者って単語もいつの間にか公費で観光するファンを現すようになってますな。

続きを読む
posted by MARS at 21:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | ざれごと

2006年02月09日

書評の独立

書評もだいぶたまってきましたし、このままだとここの位置づけも微妙なままなので、書評だけを別ブログにまとめなおすことにしました。

『駄目社会人の本棚』
http://bookcase.seesaa.net/

続きを読む
posted by MARS at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ざれごと

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。