勘の良いあなたならこのビッグチャンスが分かるはずです。

2007年03月22日

冥王星のいきつくところ

pluto.jpg昨年8月にそれまでの太陽系第9惑星から降格となってしまった冥王星ですが、その分類について推奨される日本語名称が決まったとのこと。

冥王星は「準惑星」=日本学術会議小委[時事通信]

冥王星は1930年、クライド・トンボーによって発見された天体(後に1915年までさかのぼって観測写真に写っていることが判明)で、当初その質量は地球と同等と推定されたことなどから、長い間太陽系の第9惑星として親しまれてきた。
この質量計算は冥王星の半分以上の直系を持つ衛星カロンの発見にともなって、事実上二重天体であることがわかり大幅に下方修正された。

また観測技術の発達もあり、2005年7月29日に仮符号2003 UB313(2006年9月にエリスと命名された)と呼ばれるtrans-Neptunian Object(海王星以遠天体。TNO)が発見された。この天体は冥王星よりやや大きいと推定され、最終的にこれらの冥王星によく似た天体を総称して「dwarf planet」という新分類にすることで落ち着いた。


続きを読む
posted by MARS at 16:17 | Comment(24) | TrackBack(0) | ざれごと

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。