2005年02月22日

古田氏におすすめ?

古田敦也氏(ヤクルトスワローズ)が若手に勧めた本が2ページしか読まれなかったそうな。
コレは悲しすぎ。

で、そんな古田氏がお勧め本を紹介して欲しいとのことなので、トラックバックで読みやすい本いくつか。
本の貸し借りについて取り上げた翌日だけになんてタイムリー。


まずはすでに書評で取り上げた「邪馬台国はどこですか?」
これは短編集という形をとっているので、移動中などに気軽に読めるし、いつでもしおりを挟んで翌日に、というのができるので忙しいミステリ好きには特にお勧め。
いや、コレがミステリかといわれるとわれながら疑問なんだけど。

次いきます。
ハサミ男が映画化される記念で殊能将之の著作より「鏡の中は日曜日」
実にこの作者らしいきれいな騙し方。いや、やられます。

もう一冊くらい紹介します。
やっぱりコレを取り上げないわけにはいかないでしょう。「サウスポー・キラー」です。
ここ数年、野球の舞台を題材にしたミステリは意外と多く出版されているのですが、完成度はピカイチ。
ぜひ本職の野球人の感想を伺いたいということで取り上げます。

以上、古田氏に勧める三冊でした。

で、そもそもこのブログを古田氏が読むことはあるのでしょうか(笑)?

posted by MARS at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ざれごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。