2005年03月15日

面白ければいいじゃん、という話

ライブドアの主張が認められたとか、それにたいして放送の公共性がどうだとか企業価値がどうだとか。
最近話題のトピックなのですが、コレについては正直どうでもいいかな。
過去の判例に照らしてみても、特に逸脱しない方向に仮処分が出た、というだけ。

これでがたがた騒ぐ人って言うのは本質的に視聴者が何についてきているのと思っているんだろう?


たとえばフジなんだけど、「フジでやってるから」という理由だけでチャンネル固定している人なんてまずいないだろう。
要はコンテンツ、その番組が面白いからその時間・そのチャンネルを見ているに過ぎないわけで、選択の権利を持つ一般視聴者からしてみれば、その瞬間を切り売りするだけの「何か」を見せてくれれば資本がどこか、なんてほとんどどうでもいいことだ。

あー、この辺思想だとかなんだとか絡んでくるとメンドクサクなるから一般論の話ね。
最低限の「傾向のなさ」さえ有してれば問題なし。

で、何でこんなことを思ったかというと、とある人気サイトの運営についてまぁガタガタ言ってるブログを見つけたからで。
議論するつもりもないし、そもそもがすべて伝聞系で信憑性にかけるしで、リンクもしなければトラバもしない。

気になったのは、「そういうの気にする人って意外と多いのかなぁ?」ということ。
裏側がどうなってるか探るとか、運営が○○でだまされてるとかそういうんじゃなくて、その瞬間楽しめればそれでいいじゃん、と自分は思ってしまうんだよね。

ぶっちゃけた話そんなん見ても見なくても生きていくには関係ないし。
気にしてもしょうがないじゃん、という話でした。

posted by MARS at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ざれごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2419516
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。