2005年03月17日

一筋

ひさしぶりに/.Jからネタを拾ってみた。

コレこそ名人芸と賞賛されるべき。


芸暦が還暦を迎えた御歳83歳の紙切り師『大東両』先生による傑作の数々。
「あれから…色々、自分で研究したんだけど…どうかな?」
と、すでに大御所などという形容すら過小評価になってしまうほどの大芸人でありながら、常に新しい技術・ネタを探し続ける向上心。

なんだか、自分と照らし合わせてすごく憧れるなにかを見せてくれます。
プロフェッショナルとはどうあるべきか、という姿を、その芸の結果が見せてくれているのを感じます。

posted by MARS at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ざれごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。