2007年03月15日

地域ブランド初!キムチ味ポテトチップス発売

キムチ味のポテトチップスが19日から販売される。
東海北陸自動車道川島パーキングエリアを皮切りに、東海地方の土産物店や駅販売店などに順次並んでいく予定で価格はオープンプライスとのこと。

各務原キムチ味ポテトチップス 地域ブランド名で初お目見え[Yahoo! Japan]

なぜいまさらこんなありふれたものがニュースに?と疑問に思ったが、いわゆる「地域ブランド名」を冠したポテトチップスは全国初だということらしい。

ピリ辛スナックということで、ちょっとしたバーカウンターで生ビールとあわせてみたいな。
なぜ岐阜県でキムチが地域ブランドになったのだろうと調べたら、どうやら同市は2005年から、韓国・春川市と姉妹都市となっているんだとか。それに先立つ1999年には各務原日韓親善協会が発足しており、「キムチ漬け」講習会を恒例行事として実施してもいる。
つまり、キムチに親しんできた街だったわけね。

「各務原キムチ」としてのブランド認定を受けるには、「にんじんと松の実」がはいっているなどの規定があるそうで、これはニンジンが各務原市の特産物で松の実は姉妹都市春川市の特産物だから。認定を受ける際にニンジンは各務原産に限る指定があるのかどうかはちょっとソースが見つからなかったんだけど、まぁきっとあるでしょう。

こうした背景から、キムチを都市おこしに使おう、ということになったしい。キムチという食品の知名度からするとなかなかいい目の付け所かもしれない。
ちなみに味の統一はしておらず、製造者により味が異なるのも特徴で、そうなると食べ比べるといった観光プランもできそうだなぁ。

ちなみに各務原キムチのホームページから『各務原キムチって?』というコンテンツを見ると、『キムチブーム到来』『「キムチ日本一の都市研究会」発足』といった、ブームに乗ってブランドを推進しようとする市をあげての姿勢が見て取れ、なかなかにほほえましかったりする。

ところでこのニュース、一番引っかかったのは「価格はオープンプライス」という部分。
スナック菓子でオープンプライスってどうなんだろう?
posted by MARS at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ざれごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/36030572
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。