2007年03月19日

大歓迎

なにかと誤解が先立って憶測記事が飛び交っている日本食認証制度(日本食のイメージからか寿司警察なんて訳されてたり)ですが、近くて遠いお隣の国からまた素敵な反応が飛び出した。
曰く、キムチに認証を行おうということだ。

「日本が寿司認証制なら“キムチ検証制”作ろう!」…米国[中央日報]

まぁそもそもこの制度、寿司に対して認証を行うものでもないし、何度も書いているようだが認証がなければ営業ができない、という類のものではない。
情報処理技術者試験を想像してもらえれば話は早いと思うが、一定の技術や哲学に基づいて料理を提供している店を認定するもので、その仕事をする上では一切阻害要因にはならないものだ。
個人的に韓国が本場キムチを認証してくれるというのなら大歓迎。
前にも書いたことだが、認証制度の導入で本場のものと現地風にアレンジされたものが明確になれば、TPOに応じたレストランや食材の選択が可能になるので、消費者としての利便性は以前より高くなると思う。

この制度が実施されると困るのは「提供しているものがまがい物」であると認識した上で、「本物として売っている」一部の業者さんたち。
たとえば記事中の日本食レストランのチェ・ヨンジュン代表のように「日本式寿司を認証するという話だが、都市には日本式はない」とし「もう韓国人の味の好みに合わせた寿司だから、味も違うし認証は話にならないし、必要もない」といっているひとがいたりして、それはすでに日本食じゃないでしょって話(そもそも日本式寿司を認証するという話じゃない)。あなたは何を売っている人ですか、と。

不思議なことに、特に米国在住の韓国系住民の方たちが開業している店舗の皆さんからの反発が根強いようで、この辺の現状が透けて見えるのが興味深い。
ニューヨークとかで日本食レストランの実態をレポしているサイトとか誰か教えてください。

それにしても、
キム支社長は「数年前、日本人たちが我々の基準で浅漬け程度の「KIMUCHI」を食品世界規格であるコデックス(Codex)にキムチとして堂々と登録させようとしたが、韓国政府や関連団体の阻止で霧散したことがあった」とし「最初の報道では追い回すようにして施行するのかとも思ったが、希望するレストランにだけ認証するということから商業的な側面が強そうだ」と推測している。


見事に文脈的に前の文と後の文がつながっていない。

コデックスの件では、そもそも世界企画として標準化しようというのだから、ある程度万人受けするものを使わないと意味がないし、わざわざスペルを変えて別物として扱っている。大体本場ものを登録していないのに、他者が似たものを登録しようとしてから声を荒げるのはどういうものだろうね。

また、「希望するレストランにだけ認証するということから商業的な側面」って、もともとは日本食のイメージ低下を防ぐための措置で、きちんとしたレストランの商業価値を保全するための側面から出てきた制度なんだから当然。
本質的に、警察などと呼んで制度自体を曲解しているから出てくる反応なんだろうなぁ。

関連記事:日本料理店の認証制度をずれて理解した見本
関連記事:寿司や刺身はどこのもの

ここのところ韓国関連の(それもどちらかといえば批判的な)トピックばかりアップしてる気がする。
よろずに話題を取り上げたい当ブログとしては不本意の限りだけど、どうしても言ってることが目立ってしょうがない。
とりあえずお前ら落ち着けよ、と。
posted by MARS at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ざれごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。