2004年10月21日

キングカメハメハ 引退も!?

競馬界に衝撃のニュースが走りました。

今年のNHKマイルC、日本ダービーという2つのGIを制し、変則ニ冠馬と呼ばれていたキングカメハメハ(栗・松田国、牡3)の脚部不安が20日に報じられました。
次走、世代を超えたチャンピオンの座を狙うべく予定していた秋の天皇賞を回避が濃厚とのことです。

サンスポ「キングカメハメハ脚部不安で天皇賞回避濃厚」

また、本日の共同通信では、「右前浅屈腱炎」と報じており、長期離脱・引退の可能性まで言及しています。

共同通信「Kカメハメハが長期離脱 右前脚の故障、現役引退も」


あのダービーで見せた鳥肌の立つような脚をまた見られる日は来るのでしょうか?

click!

posted by MARS at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(1) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/859892

愚かな調教師によって、また名馬が消えていく
Excerpt: Kカメハメハが長期離脱−右前脚の故障、現役引退も 松田国英という愚かな調教師によって、クロフネ、タニノギムレットに つづき、またしても世界と戦える能力を持った名馬がターフを去りそうだ。 くれ..
Weblog: 頭がスッキリするコラム
Tracked: 2004-10-22 19:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。