2005年11月11日

抗議するということ。

朝からあまり気分のよくないニュースです。
なんか感性がずれた方たちの抗議って論点があさっての方向に行ってて不愉快、という例。
運転室に息子入れクビ…「厳しい」と抗議430件

東武鉄道の30歳代の運転士が、長男を約4分間運転室に入れて乗務したので解雇されるというニュース。ごく当たり前のことなんですが、これに抗議が相次いだんだそうです。


はぁ!?
おかしくないですか?
人の命を預かる職業の人が、それに100%注力できない状況を(どんな理由でアレ)作り出した。普通はこういう行動に対して抗議するものじゃないでしょうか?

ちなみに、「けじめが必要なのはわかるが解雇は厳しすぎるのではないか」「子どもが成長して自分のために父親が職を失ったと知ればショックを受ける」などの抗議がきたそうです。

一つ目。違います。
公共性の高い職業だからこそ、解雇じゃなければケジメになりません。
あなたは重大な過失を過去に犯した人が復帰してきた際に、その人に自分の身を預けられますか?
他人の命を数分間軽んじた事を考えれば解雇ではヌルすぎる位です。

二つ目。違います。
そういうことを社会は積極的に教えるべきじゃないでしょうか?
世の中はそんなに生易しいものではありません。御伽噺だけを教えるのがいい教育ではないと思います。
万が一事故が起こって、しかもこの子供が助かっていたら、自分のために数百人が肉塊になってしまったわけで、そっちのほうがショックを受けます。

とかく子供が絡むといろいろな判断基準がゆるくなり、時として人情の名の下に常識や法律とは真逆の行動さえも容認されたりします。
が、それでもやっちゃいけない線、容認してはいけない線というのはあるでしょう。

何よりもプロとして人の命を預かる時、そこからわずかでも気をそらす可能性のあるものは避けるべきだと思います。
避けられなかった時点でこの人はプロ失格であり、資格が無いことが露呈した以上は解雇が妥当な結論です。抗議なんてあるほうがおかしい。子供というだけで思考停止して抗議に結びつける行動は結局自分では何も論理的な思考ができていないことを白日にさらしているだけです。

posted by MARS at 10:06 | Comment(5) | TrackBack(1) | ざれごと
この記事へのコメント
大賛成です。こんな情況を招いてしまった奥さんも、ご主人の職業に対する認識が甘かった、軽く見ていたわけで。抗議する人たちと同じような感覚だったように思えます。
現代社会の一面を浮き彫りにさせた事件ですね。これ、逆にスペシャリストとかプロとかっていうのの価値がどれだけ低くなっているかを反映しているんじゃないでしょうか。寂しいですね。

ところでMARSさん、随分手広くやってますね。時々はここで、こういう隙のない論をかましてくださいまし。
Posted by 美也子 at 2005年11月11日 11:17
どもです。
もともと飽きっぽい上に多趣味なもんで、どうしても広範な話題に触れてしまうんですよね。

にしても隙がないとは……恐れ入ります。
結構暴論ぎりぎりだと思っていたので意外とも思える評価でした。
俺自身は隙だらけで万年開放釘な奴なんですけどねf^_^;
Posted by MARS at 2005年11月11日 12:34
ご意見 ことごとく ごもっともです。
私は社会保険労務士ですので労務管理のプロであり、労働者の権利保護にも関心がありますが、会社の判断は妥当です。そもそもこうした経営的判断に第三者が感情論だけで抗議すること自体、御門違いもいいところです。
Posted by みどりかわ at 2005年11月12日 19:01
こんにちは。この解雇の件に興味を持って調査していて、たまたまこのブログをみつけました。

労働基準法には下記のように謳われています。

第18条の2 解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

本件は社会通念にあまりにも反していると思うから、一運転士の解雇に対して1500件(11月12日現在)も抗議があるんじゃないでしょうか。

まあ、解雇も妥当だという意見も、あって当然と思いますがね。ただ、私も子供を持つ身として、あなたのような感想は到底持てませんね。
Posted by ちょっとちがうんじゃないの。 at 2005年11月12日 20:52
>みどりかわ様
抗議することそのものはまぁ誰が行ってもいいんでしょうけど、安易に経営判断に取り入れるのはやめたほうがいいんでしょうね。
そうした意味では今回の会社上層部の対応はまさしく『プロ』の所業です。

>ちょっとちがうんじゃないの。様
コメントありがとうございます。
まず労働基準法の件ですが、18条の2項は「客観的に合理的な理由を欠」くことが大前提です。
今回の場合は、運転士という職務につきながらその就業に影響を与えかねなかったわけで、この項による無効はまず主張できないんじゃないでしょうか?

もっとも、確かに私には子供はおりませんし、親としての気持ちに対しては反論できません。
こっちに関しては、コメントを控えさせていただきます。
Posted by MARS at 2005年11月13日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

そういう問題じゃない
Excerpt: 長男を運転室に入れ懲戒解雇へ「かわいそう」殺到  懲戒解雇も当然だと思う。  子供がかわいそうだから? そんな理屈が通ると思うのか。この状況はどう考えても奥さんが悪い。いくらだんなの仕事現場を..
Weblog: ニュースチェック・緑茶RENEW
Tracked: 2005-11-11 16:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。